貸し別荘という選択肢

TOP > 貸し別荘という選択肢

Web Template

別荘にはさまざまな種類もありますが、できるかぎり安上がりに済ませたいというのであれば、貸し別荘というのも選択肢としては有力です。
別荘といえば土地と建物の所有権を取得するのが一般的ですが、これではいかに規模が小さなものであったとしても、少なく見積もっても数百万円台がかかってしまいます。

軽井沢の土地の基礎知識をご説明をしたいと思います。

そして、実際に利用するのは夏休みの時期、あるいは土日を含む週末といったことがほとんどですので、コストとメリットがつりあわない可能性があります。



貸し別荘であれば、もちろん所有権の取得ということではなく、あくまでもホテルや旅館と同様に、数日を貸しきるだけですので、それほど料金もかからず、しかも非日常的な暮らしを楽しむことができます。


こうした貸し別荘は、軽井沢や那須、河口湖周辺、伊豆などといった、おなじみの地域にはそれなりに存在しているものですので、コストパフォーマンスを考えるとたいへん便利なものといえます。



内部には調理器具やキッチン、寝具などひととおりのものは用意されていることがほとんどですので、家族で料理をしたり、庭でバーベキューをしたりと、楽しみ方は人それぞれです。


コテージやログキャビンのようなおしゃれな外観のものもありますので、そうした意味でもよい思い出づくりになります。


予約方式で誰でも受けて入れいる場合と、会員制をとっていて、あらかじめ会員になっていれば共有できるという場合がありますので、利用形態だけは確認しておくとよいでしょう。