• 冷やす以外にも使える保冷剤の利用方法

    • 保冷剤はホームセンターなどでよく売られており、いたみやすい食品を冷やして鮮度を保ってくれたり、暑い日に利用してクールダウンさせてくれたりして、とても便利なものです。

      日本での保冷剤の材料は、水に「吸水ポリマー」とよばれる化学成分を配合したものが多いようです。吸収ポリマーは、水を吸収して固形にする性質があるので、保冷剤だけではなく、ほかにも市販のオムツなど、さまざまな製品にも使用されています。

      軽井沢の土地の基礎知識をご説明をしたいと思います。

      実は保冷剤は、意外にも冷やす目的以外でも利用できる方法があるのです。



      中身のジェル状の吸水ポリマーには、においの原因になる物質を取り込んで吸収してくれるので、袋から中身をだして、アロマを数滴垂らすと芳香剤の役割をしてくれるのです。



      香りは数日で消えてしまいますが、その都度垂らしておけば継続的に使用することができます。
      ほかにも温めて使用することでホットパックとして利用する方法があります。保冷剤というと冷やすもの、というイメージがありますが、温めることでまったく逆の使い方もできるということです。

      40℃〜45℃くらいのお湯の中に入れて湯煎して、その後薄い布などを巻いて肩や首、目の上に当てることで緊張や凝りをほぐしてくれるので、日頃凝りに悩まされているという人にはおすすめの方法です。

      ただし、温めるときに電子レンジを使うと、袋が破れて中身が飛び出してしまうおそれがあるので、電子レンジは使用しないようにしましょう。


  • 身になる知識

    • 保冷剤の使用用途や効果に関する説明

      保冷剤とは、物質の温度を一定に保つために使用される保温補助剤のことです。保温効果の中でも特に周辺を低温を保つ事に特化していて、物や食物を冷やす目的で家庭や企業等で広く使用されています。...

  • 学ぼう売買の事

    • 保冷剤の簡単な有効活用方法

      保冷剤は、水と吸水ポリマーと呼ばれる化学製品を配合した物で作られていて、冷やす以外にもカイロ、消臭剤、鏡などの清掃用具、園芸アイテムなど多くの使い方があります。カイロは、40〜45℃くらいのお湯で2〜3分程度湯煎するだけで出来上がり、ハンカチなどで包んで使うと心地良い温かさが伝わってきます。...

  • 学びたい知識・売買の重要知識

    • 鉢植えの保水剤代わりになる保冷剤

      保冷剤は冷凍庫に入れて凍らせておくと、いたみやすいものの鮮度を保ち、さまざまなものを冷やしてくれるとても便利なアイテムです。ただ、春から夏場以外にかけては、なかなか使用する機会がないと思っている人も少なくないかもしれません。...

    • 意外なことに使える保冷剤

      生鮮食品やスイーツなどを購入した際に自宅まで品質を落とさないようにするために同封するのが保冷剤です。保冷剤は水に吸水性ポリマーと冷えても固まらない添加物として用いられるエチレングリコールを加えて作られてます。...